読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪であった夢みたいな話。


いろんな方のを読んでて書きたくなってしまったので今更ながら書きます。


初大阪、初ドーム、初めてなことだらけでダッシュで駆け抜けたような2日間でした。

これはツイートもしたけど何年も関西を好きでいて大阪には行ったことありませんでした。中学生でバイトができなかった時は “自分でお金貯めて行けるようになったらね?” って母に言われて、高校入っていざバイト勢!っていうのはうまくいかなくて…
部活の日々でTVみたり雑誌読んだり横浜アリーナや劇場に足を運んで。

まだまだ遠かった大阪。
行きたすぎて「新婚旅行行くならどこがいい?」とか「今1番行きたいとこは?」って質問に友達が海外を答える中で、1人、ずっと大阪って答えてました。笑

それが高校最後のクリスマスに叶ったわけです。
聖なる夜に夢が叶ったわけなのです。新幹線のチケットに「新横浜→新大阪」って書いてあるだけでも胸踊った朝8時00分。


アナウンスが入り、到着して目に入ってきたのは新大阪と書かれた看板で。嬉しくて動きもしないその看板を何度も写真撮りました。


ホテルに向かう電車の中から丸い大きい建物がみえてそれが京セラドームだとわかるまでにはそう時間もかからなくて。一緒にいた友達と何故かぎゅって
し合ったのを覚えてます。


いざドームを目の前にしてもジャニーズWESTに会える実感が湧かなくて。
開演20分前くらい、ちょっと遅めに入った会場はもちろん沢山の人で埋まってて。自分の席がなかなか見つからないのもドームならではだななんて思ったり。

席についてちょっとするとええじゃないかの大合唱とともに7色のペンライトの景色。
そこでこれからコンサートなんだ、ってそわそわが止まらなくなりました。ちょっと遅いんだけどね。笑


可愛さが詰まったオープニング映像。
最初の曲なんだっ!?!って降りた幕の裏には7人のよく見たポーズ。

せーのっ!
ええじゃないか~~!

幸せすぎて楽しすぎてあっという間に次の曲次の曲。

そんな中流れてきたのJr時代の映像で。
B.A.D.、BOYS、7WEST、懐かしい映像に歓声はすごかった。その中にはまだ今みたいに背も高くない、顔も濃くない(言い方)、少年が映ってました。

この流れできた曲ばどさんのアメフリ。
(淡々と書いてるけどもうこの辺涙腺ゆるゆる)

濵田くんのステゴ。控えめ~な感じで「知ってたら
一緒に… 」って言ってて。だけど会場中がペンラ揺らして踊ってて、後ろでニコニコに踊るばどさんも濵田くんも幸せそうでこっちまでほっこりしました。

で、ここまでで泣いてるんだけど4人のdial upね。
歌割りとか色々思うことは人それぞれあるだろうけどあの時代のかみしげ2人がどれだけ大きかったって思うし、あんなに楽しそうに歌ってるのみたらうちは嬉しくてたまらなかったです。


でこの後も所々涙でまくりのきらきらした時間を
過ごしてたんだけど長くなるので挨拶の話に。

あ、どうしても1つ言いたい、、
あの映像からのCHO-EXTACYは心臓もたないからやめてくれええ。(嘘でーす、これからも継続お願いします)

↓ここからは24日と25日混ぜて話してます。

初日、正直絶対泣くんだろうって思ってて。照史くん、濵田くんときて、次。
すごい考えて話してるのがわかるし、なによりも泣きそうなのを我慢してるようにもみえて。
うちの距離からはわからなかったけど後からレポ読んだら目押さえたり、肩震わせたりしてたのを
知って、泣かないでちゃんと話そうとしてた彼の強さを感じました。

25日のオーラス。照史くんがひとりひとりのことを話し始めるっていうこれまた涙を誘うことしてくれちゃって。

「何があってもこの子を守る」

その言葉はうちらでもきたもん、本人が1番グッときたに違いないよね。


話し始めた時には昨日みたいに一言一言ゆっくり考えて話してて。でも、昔の話をした時だったと思う。

1度ウルッてきたものはすぐにはとまらないはずで…
7WEST時代の事とか、自分が入ったばっかりのこととかいっぱい思い出してたのかな。

今までいろんな場面で泣きたい時があったんだろうけど、そうできない、しちゃいけないことも同じくらい沢山あったんだろう。

悲しいお別れをしてきたって初日に口にしたことも含めて、今まで一緒にやってた人が辞めていくのがどんだけ辛かったか、でもその人達の名前もその時の事も堂々と話しちゃダメなところに自分がいるっていうのもわかってることで。

いろんな思いが溢れ出たあの涙は一生忘れない、
綺麗な涙でした。

その後のAll My Love
目をつぶって歌ってる姿、涙を拭うとこも全部全部いつも以上にかっこよかった。


あんなに大きな会場でやってるのにいつもより何倍も近くに感じた、そんな2日間でした。


夢のような2日間でした。


[f:id:ooKeepsmiling:20161230234823j:plain